信州大学医学部第二外科

心臓血管外科部門・乳腺内分泌・呼吸器外科部門のスペシャリスト、
信州大学医学部外科学講座(外科学第二)です。

HOME > お知らせ > 医局対抗野球 2017

お知らせ

医局ニュース

2017.07.18

医局対抗野球 2017

医局対抗野球 2017

--薬剤部との死闘--

2017年7月17日、医局対抗野球開幕戦 外科学第二vs薬剤部を振り返る。

...

炎天下のもと、松本市西部グランドにてプレイボール。

1回表、外科学第二の攻撃。3番三浦がクリーンヒットにて出塁するも打線がつながらず、先制点ならず。

1回裏、薬剤部の攻撃。守備の乱れから3点を失うも、エース金井の力投もあり、それ以上の失点はまぬがれた。

2回表、外科学第二の攻撃。四球で出塁した大場が五味淵のタイムリーヒットにて生還。その後、9番山本がなんと同点2ランホームラン!!!同点に追いつく。

2回裏、薬剤部の攻撃。エース金井の力投も、再び守備の乱れから3点を失い、6?3。苦しい展開。

3回表、外科学第二の攻撃。2番からはじまる好打順をいかせず、3者凡退。さらに苦しい展開に。

3回裏、薬剤部の攻撃。投手交代、2番手中村が登板。医局野球初出場。期待のサウスポー。期待に違わず、コントロール抜群のストレートとへなちょこカーブにて空振りを量産するも、再び守備の乱れもあり3失点。9?3。絶望的な展開・・。

4回表、外科学第二の攻撃。この時点で試合時間の関係で4回にて試合が終了することが確定。6点以上返さなければ、敗退。しかし、ここから、外科学第二が意地を見せる。先頭バッター大場の2塁打から始まり、打線がつながるつながる。ヒット、ヒット、ヒット、ヒットで一気に5点を返し、2アウト2,3塁。ここで、さらに、ワイルドピッチを見逃さず3塁ランナー瀬戸がホームへ激走。セーフ。まさかの同点!9?9。

4回裏、薬剤部の攻撃。1点でも失えば、サヨナラ負け。運命は投手中村へ託された。1アウトをとるも、2塁打を浴び、その後守備の乱れから3塁への進塁を許す。サヨナラのランナー。1アウトランナー2,3塁。もう負けを覚悟した。しかし、ここから奇跡の展開が。次バッターを、捕手フライに仕留め、最後のバッターを迎える。投手中村の渾身のへなちょこカーブが見事にとらえられ、打球が勢いよくセンターへ・・!サヨナラか・・。しかし、この最も緊張する場面でセンター中原はいつも通りの落ち着きで難なくキャッチ。9?9、引き分けにてゲームセット。

勝ちに等しい引き分け。
医局対抗野球史上最高の名勝負。
全員野球。まさに死闘。砂まみれ。

収穫は2番手投手中村の活躍。エース金井に頼りきりだったこれまでとは、また違う外科学第二の野球。

課題は守備の乱れと、体重増加。

今年から2部リーグ。残すは眼科、耳鼻科戦。1部リーグ昇格にためにはもう負けられない。


写真はこちら

https://www.facebook.com/shinshu.surgery2