信州大学医学部第二外科

心臓血管外科部門・乳腺内分泌・呼吸器外科部門のスペシャリスト、
信州大学医学部外科学講座(外科学第二)です。

HOME > お知らせ > 第51回 日本癌治療学会学術総会

お知らせ

学会発表

2013.10.27

第51回 日本癌治療学会学術総会

10月24、25、26日に 第51回日本癌治療学会学術総会が京都市京都国際会館で開催されました。

 

 

 当科からは伊藤研一先生、筆者である大場崇旦が参加し、演題発表を行いました。

第51回日本癌治療学会学術総会 写真1.JPG

 

 

 

「癌性胸膜炎に対し胸膜癒着術を施行した再発乳癌症例の検討」
大場 崇旦   一般口演

第51回日本癌治療学会学術総会 写真2.JPG

 

第51回日本癌治療学会学術総会 写真3.JPG

          会場は立ち見がでるほど盛況でした。

 

 

 

「悪性腫瘍による気道狭窄に対し緊急気管切開術を行った症例の検討」
伊藤 研一 

臓器別シンポジウム「オンコロジーエマージェンシー」

第51回日本癌治療学会学術総会 写真4.JPG

 

第51回日本癌治療学会学術総会 写真5.JPG

 

 

 血液内科、泌尿器科、呼吸器内科など各科からの発表があり、会場では熱い議論が交わされました。

 

 

  また、今回長野市民病院から初期臨床研修医の竹腰先生(写真真ん中)が参加してくれました。竹腰先生には2年後に当科の門戸を叩いてくれることが期待されます。

第51回日本癌治療学会学術総会 写真6.JPG

 

 

  筆者も当学会に参加したのは初めてでしたが、癌診療に関わる非常に広い分野からの発表が各会場でなされており、乳癌・甲状腺癌領域に関わる者として、来年以降も継続的に参加していきたいと志を新たにしました。

 

 当学会で学んだことを明日以降の臨床に生かしていけるように、引き続き鋭意努力して参ります。