信州大学医学部第二外科

心臓血管外科部門・乳腺内分泌・呼吸器外科部門のスペシャリスト、
信州大学医学部外科学講座(外科学第二)です。

HOME > お知らせ > ASCO 2013

お知らせ

Dr.オバマのOne Voice

2013.06.06

ASCO 2013

2013年5月31日から6月4日にかけてアメリカ・シカゴで開催されたASCO (American Society of Clinical Oncology) アメリカ臨床腫瘍学会で発表してきました。

 

Title: Pulmonary pure ground-glass opacity lesions: Use of computed tomography attenuation for predicting tumor progression.

Session Type and Session Title:
General Poster Session, Lung Cancer - Non-small Cell Local-regional/Small Cell/Other Thoracic Cancers
 
Authors: Takashi Eguchi, Ryoichi Kondo, Satoshi Kawakami, Mina Matsushita, Tetsu Takeda, Takao Sakaizawa, Yoshiaki Tominaga, Gaku Saito, Masahiro Hashizume, Masayuki Toishi, Takayuki Shiina, Kazuo Yoshida, Jun Amano, Tomonobu Koizumi; Shinshu University, Matsumoto, Japan; Matsumoto Medical Center Chushin Hospital, Matsumoto, Japan
 
Oral sessionとposter discussion sessionを含めても、肺癌領域の総演題数はわずかに230演題ほどであり、そこに選ばれたことは大変に名誉なことで、いまだに信じられない気持ちです。
 
自分の発表では、沢山の参加者に圧倒されましたが、演題数が少ないためか丁寧にポスターをみて質問してくださることが多く、これまでの国際学会では得られることのできない経験ができました。
 
世界中の高名な施設からの発表がほとんどで、「これが一流の研究、一流のプレゼンテーションか!」と感動することばかりでした。(もちろん信州大学は「一流の施設」だと思ってますが、私の発表は一流だったかというと・・・)
 
来年もまたpresenterとして参加するため、臨床・研究に頑張ろうと決意を新たにしています。
 
 
McCormick Place, Chicago, Illinois
 
McCormick Place
 
General poster session
 
General poster session
 

Poster discussion session

 

Poster discussion session (discussion part)