信州大学医学部第二外科

心臓血管外科部門・乳腺内分泌・呼吸器外科部門のスペシャリスト、
信州大学医学部外科学講座(外科学第二)です。

HOME > お知らせ > 10年前のあの日

お知らせ

Dr.オバマのOne Voice

2012.12.13

10年前のあの日

ちょうど10年前の12月・・・あの日も今日と同じ寒い朝でした。私は2年目の研修医として県内の病院に勤務していました。


10代の男性が交通事故を起こして救急搬送となりました。大量の胸腔内出血があり、CT室で血圧が低下し、すぐにICUに入ったものの、脈拍は触知できず。スタッフみんなでポンピングしながら手術室に向かい、私はお母様に「このままでは死んでしまいます。駄目かもしれませんが、やってみます。」とだけ説明して緊急手術を行いました。

 

幸運にも肋間動脈からの出血を止めることができ、麻酔科の先生から「先生、血圧上がってきましたよ。」のひとこと。その場で崩れ落ちるぐらいの安堵を感じたのを昨日のことのように思い出します。

 

その3年後、看護学生となった彼と偶然再会しました。そして現在、彼は県内の病院で元気に勤務しています。先日、創部を見せてもらいました。こんなことを言うのも本人に対して失礼なことですが、とても大きく、お世辞にも目立たないとは言えない創でした。でも、私が作ったその創部を見て、こうして彼が元気に生きていることに言葉では表せないぐらいに感動しました。

 

何もできない研修医の私を導いてくださった上司に、そして、ICU・手術室のスタッフに、心から感謝しています。

 

あの時の感動は決して忘れることはありません。彼の命を救うことが出来て本当に良かった!外科医になって本当に良かった!